--.--.-- スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.04.01 原発

私が生まれ育った福井県には、
いま現在、15基の原子力発電所がある。

そして、
福井県の原子力発電所でつくられた電気の大部分は
関西方面へ送られている。
その量は、関西で使われている電気の約5割にもなるそうだ。


私がまだ自分の頭で世の中のことを考え始める以前
その前から、我が故郷では原子力発電所の工事が始まっていて
いつの間にか発電を開始していた。

こんな町で産まれ、そんな現実に気付き愕然とした時
その時から私は
『我が町に原子力発電所はいらない』 と思っている。
そして我が町にいらない物を
他の町に押し付けることも、モチロン反対だ。


もう20年近く前のこと
原発にも程近いところに、その当時実家で使っていた海辺の家があった。
その海辺の家でBBQをしながら 『いま原発で事故があったら・・・』
ここに住んでいる人々はどうなるのだろうと、話しあったことがある。

その時に我々が想像で話していたこと
それがまさに今、福島で起こっていることと重なっている。

とは言っても
地元で地道に、ずーっと原発反対運動を続けている兄達にくらべ
私は何もしてこなかったし、一度も声を上げていない。
だから偉そうな事は何も言えない。

でも・・・だまっていちゃいけないんだよね!


今のところ、福島から遠く離れた福井県の実家
R-DAN(放射線検知器)の数値に大きな変化は無いようだが
R-DANへの問い合わせ電話は、鳴り響いているらしい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。